upper shadow
立山町馬術協会
〒930-0274
富山県中新川郡立山町利田10区222
TEL:076-464-1820
FAX:076-464-1640

立山乗馬クラブ 利田厩舍
TEL/FAX 076-464-2065
お知らせ
          
競技会へ行ってみよう《馬術競技の種目》
馬術競技の種目は、細かく分けると色々ありますが、ここでは代表的な3種目を紹介します。

【障害飛越競技】
 決められた広さの馬場内に配置してある10数個の障害物を、決めたれた順序通りに、より早く、ミスを犯さないで飛び越えていく競技です。
 基本的に標準競技では障害のバーを落としたり、馬が反抗したりすると減点となり、タイムと減点数で競われます。その他にも、障害落下がタイムに加算されるスピード&ハンディネス競技など様々なルールがあります。障害競技は結果がよくわかり、華やかで迫力があるので、見ているだけでも十分楽しめます。

【馬場馬術競技】
 わずかな合図で馬を自在にうごかし、複数の審判により演技の技術性 や芸術性などの採点が各演技項目ごとに行われ、その合計の得点によって競われます。
 その魅力は、ライダーの高度な技術により、馬自身があたかも自分の意志で演技をしているかのような人馬一体の演技が見られることです。馬本来の動きが凝縮された優雅でダイナミックな馬の演技が、馬の美しさを一層際立たせ、多くの人を魅了します。

【総合馬術競技】
 総合的な運動を同一の人馬で3日間に分けて行われる複合競技です。
 第1日目は、調教審査(馬場馬術)で、2日目は、耐久審査(クロスカントリー)、最終日に余力審査(障害飛越)が行われ、3日間の減点の合計が最も少ない人馬が優勝となります。
 見所は何といっても自然に近い状態で作られた野外コース(全行約30km)を走り抜けるのですが、道路上の騎乗、障害競馬場の走行、野外不整地などがあるので、1時間半もの間走り続ける上に、障害が固定されているため、馬の膝が当たれば簡単に人馬転倒するという危険も潜む競技です。過酷な競技だけに人馬の信頼の絆が強く、健康状態も常に検査されます。  
 
 
 

お知らせメンバー紹介(会員)メンバー紹介(馬)大会情報サービス案内施設のご案内出張イベント
リンクお問い合わせ差し上げます
Copyright(C) 2006 立山町馬術協会 all rights reserved.
lower shadow